タイヤガーデンはヨコハマタイヤの専門店です。

ショックアブソーバーの役割

ショックアブソーバーは、スプリングの働きを補佐して「安定」と「乗り心地」のバランスを取ることが当初の目的でした。
しかし、現在においてはショックアブソーバーの性能の向上によって、ハンドリング性能やドライビングインフォメーションの向上など、さまざまな特性が認知されています。

ショックアブソーバーとは

スプリングの役割のひとつに衝撃緩和がありますが、それだけではよい乗り心地は作れません。
スプリングだけでは路面からの衝撃を受けた際、その振動が長く残りフワフワとした状態が止まらなくなります。
この振動を止めるのがショックアブソーバーの役割となります。振動を抑える力を「減衰力(げんすいりょく)」といい、一般的にこの力の大きいものが「硬いショックアブソーバー」、小さいものを「柔らかいショックアブソーバー」と呼ばれています。

ショックアブソーバーは、自動車メーカーでも非常に重要視されている機能パーツのひとつです。

ショックアブソーバーのないクルマ ショックアブソーバーのあるクルマ

また、下記のように細かな凹凸が続く路面では、減衰力が大きいゴツゴツとした乗り心地になります。その逆に減衰力が小さくなればスムーズに走行でき、乗り心地もよくなります。

減衰力の
小さいとき
減衰力の
大きいとき

スポーツショックアブソーバーの役割

ショックアブソーバーの振動減衰機能は、乗り心地に大きく影響すると同時に、過渡的な車の姿勢変化にも機能します。
具体的には下表のようになりますが、この他にもコーナリング時の姿勢変化など、車すべての動きに影響を及ぼし、それらをコントロールできるのが「ショックアブソーバー」です。
そのコントロールを積極的に行い、それぞれの車が持つ運動性能を十分に引き出すことを目的としています。

ショックアブソーバーの形状

スタンダード形状
スタンダード形状
車高調整式
車高調整式
機能 姿勢保持
(操縦安定性)
減衰力の
大きさ
定常変化
乗員増減による車高変化、連続旋回時のロール角変化など
過渡変化
急ブレーキ時のダイブ、急ハンドル時のハンドル角など
減衰力・小
(柔らかい)
関係なし 姿勢変化・大
減衰力・大
(硬い)
関係なし 姿勢変化・小
機能 振動吸収・衝撃緩和
(乗り心地)
減衰力の
大きさ
フワフワ振動
(うねり路面)   
ゴツゴツ衝撃
(ダート路面)
減衰力・小
(柔らかい)
フワフワする
(収まり悪い)
ゴツゴツが少なく
柔らかい乗り心地
減衰力・大
(硬い)
フワフワしない
(収まり良い)
ゴツゴツして硬い
乗り心地