タイヤガーデンはヨコハマタイヤの専門店です。

スタビライザーの役割

誰もが望んでいることだとは思いますが、操安性と乗り心地を1種類のスプリングで両立するのは難しいかもしれません。 しかし方法がないわけではありません。それが、スタビライザー(アンチロールバー)の剛性をあげることです。 操縦安定性が問題になるのは、主にコーナリングや車線変更時等の車にロールが生じたときです。 直進時には、操縦安定性よりも乗り心地が重要視されてきます。そこで、スプリングは乗り心地を重視した柔らかいスプリングを使用し、旋回時には本来のスプリングの補助としてスタビライザーの働きを追加し、結果的には全体のロール剛性を大きくするという方法をとることで両立が可能となります。 最初から車に装着されているものもありますが、その剛性を高めることにより、今以上の効果を求めることができます。 スタビライザーはそれ自体のねじれる力によってロールを抑制し、主に中高速コーナーでの安定性を高めるためのパーツです。 ちなみにスプリングによるロール規制とは異なり、乗り心地は悪化しにくい特性を持っています。

スタビライザーのないクルマ
スタビライザーのないクルマ
スタビライザーのあるクルマ
スタビライザーのあるクルマ