タイヤガーデンはヨコハマタイヤの専門店です。

バッテリー

自動車を運転するときに、最もお世話になっているもののひとつがバッテリーでしょう。エンジンを始動させるのも、ヘッドライトをつけるのも、エアコンだってバッテリーがなければ動きません。
ここでは縁の下の力持ち、バッテリーについてご説明していきます。

交換の目安

交換の目安
  • バッテリー液は十分に入っているのにセルモーターの回りが悪い・・・。
  • バッテリー液は十分に入っているのにライトが暗い・・・。
  • 1年以上、車を使用していない・・・。
  • 過去に、何度かバッテリーアガリの経験がある・・・。
  • バッテリー液の減りが各セルでばらばらになってしまう・・・。
  • 充電しても比重が上がらない・・・。
  • バッテリー液の減りが激しい・・・。

電解液の比重

電解液比重 充電量
1.280 100%
1.240 70%~75%
1.200 40%~50%
1.160 15%~20%
1.140 不良
バッテリーの寿命の目安は・・・。
バッテリーの寿命の目安

自家用車の場合、
30,000kmか2年~3年毎です。
完全に充電しても比重が回復しない場合には、バッテリーの交換をお勧めします。

バッテリーの型式番号の読み方

バッテリーの型式番号の読み方
性能ランク 容量と始動性能の関係から決められた総合性能を表示します。
数量が大きい程性能が大きくなります。
短側面の大きさ 短側面のサイズを表示します。A~Hまでの8段階に分類されています。
Dサイズ(面積)=幅×箱高さ
長さの寸法の概数 長さの寸法の概数(cm)を示します。
端子の位置 プラス端子が左右どちら側に付いているかを示しています。
端子の位置
サイズ 右へすすむほど高性能バッテリーです>>>
A19
(ネジ端子)
26A16R 28A19R 30A19R 32A19R 34A19R    
26A19L 28A19L 30A19L 32A19L 34A19L    
A19
(テーパ端子)
  28A19RT 30A19RT 32A19RT 34A19RT    
26A17L   30A19LT 32A19LT 34A19LT    
B19
B20
(共通)
28B17R 34B17R 34B19R 38B19R
(38B20R)
40B19R
(40B20R)
42B19R
(42B20R)
44B19R
(44B20R)
28B17L 34B17L 34B19L 38B19L
(38B20L)
40B19L
(40B20L)
42B19L
(42B20L)
44B19L
(44B20L)
B24 46B24R 50B24R 55B24R 60B24R      
46B24L 50B24L 55B24L 60B24L      
D23 55D23R 60D23R 65D23R 70D23R 75D23R 80D23R  
55D23L 60D23L 65D23L 70D23L 75D23L 80D23L  
D26 55D26R 60D26R 65D26R 75D26R 80D26R 85D26R 90D26R
55D26L 60D26L 65D26L 75D26L 80D26L 85D26L 90D26L
D31 65D31R 75D31R 85D31R 95D31R 100D31R 105D31R 115D31R
65D31L 75D31L 85D31L 95D31L 100D31L 105D31L 115D31L

注意!!
指定(推奨)されているカーバッテリー以外のサイズに変更する場合は記号の意味に注意し、エンジンルームに収まるサイズのバッテリーを選んでください。バッテリー交換については、お店にご相談ください。

バッテリーの安全な取り扱い方

バッテリーの交換手順
取り外す場合
  1. アース側(マイナス側)からはずしてください。
  2. プラス端子をはずす。
  3. 取付枠をはずして、バッテリーをはずす 。
取りつける場合
  1. バッテリーがガタつかないようにしっかりと取り付ける。
  2. プラス端子を付ける。
  3. アース側(マイナス側)を付ける。
ブースターケーブルの
接続手順
バッテリーの爆発事故を誘発しやすいので、正しい手順で接続してください。
ブースターケーブルの接続手順
とりはずすときは(4),(3),(2),(1)の順序
メモリーキャンセル防止
電子メモリーキャンセルトラブルの注意

自動車のコンピュータメモリ保持のための常時電源のバックアップがなければメモリ(RAM)が消失します。(走行には支障ありません)
メモリ復帰には再入力か再度学習が必要です。(自動車の取扱説明書にしたがって再入力)

バックアップが必要なもの

  • デジタルディスプレイ (デジタル時計・AM/FM電子チューナーなど)
  • 電子制御燃料噴射装置(EGI,EFI,ECIなど)
  • 電子クラッチ・ユーザーメモリ付ドライブコンピュータなど

※不明の際はバックアップをとった方が安全です。

バックアップの方法
  1. バッテリーケーブル端子に他のバッテリーあるいはバックアップ電源を並列接続する。(車載バッテリーと同定格の電圧)
  2. シガーライタープラグへバックアップ電源を接続する。
電解液の取り扱い
(応急処置)
人体
  • 電解液が手や顔などに触れた場合や目に入った場合は、すぐに大量の清水で洗い流してください。
  • 電解液を飲んでしまった場合は、すぐに水によるうがいを繰り返し、牛乳か大量の清水を飲むようにしてください。
    応急処置の後、専門医の診断を受けた方が安全です。
その他
  • 衣服に電解液が付いた場合は、すぐに水洗いし、弱アルカリ石鹸水で完全に中和してください。
  • 電解液が周囲に飛散した場合は、すぐに大量の水で洗い流してください。